Kindle Voyageに劣らないPaperwhiteの絶妙な魅力

絶妙なバランス「Kindle Paperwhite

kindle pw-nasciii

思い切ってAmazon.comが製造、販売する電子書籍端末「Kindle Paperwhite」を買いました。

結局のところ、もっと早く買っときゃ良かったガジェットでした!

なにが僕をそこまで魅了したのか、レビューで伝えます。

ちなみにKindleといえば今月、新型Kindle Voyageが発表され話題に。僕はあえてPaperwhiteを選びましたが、より高性能になったVoyageについてはこちらで比較しています。

「Kindle Paperwhite」フォトレビュー

kindle-paperwhite-nasciii01
箱は「地味」のひと言。漂うがっかり感…(笑)

kindle-paperwhite-nasciii02

上から見ると「paperwhite」の青文字がかっこいい。この辺りからわくわくしてきます。

kindle-paperwhite-nasciii03

Kindleを取り出す為にべりべりっと開封の議。Amazonから発送されたダンボールを開ける感覚なのでどこか懐かしい。

kindle-paperwhite-nasciii04

開きました!同梱物はKindle Paperwhite、USB 2.0充電ケーブル、保証書、スタートガイドの4点。

kindle-paperwhite-nasciii05

ふむふむ。電源ボタン、USB接続口は下にあるんだね。

kindle-paperwhite-nasciii06

e-ink スクリーンがかっこいい。僕がPaperwhiteを買った理由のひとつは、通りすがりの外国人のおじいさんが持っているのを見てシンプルさに惚れたこと。

kindle-paperwhite-nasciii07

背面もすっきりしていて好みです。持ち易いよ!

kindle-paperwhite-nasciii08

写真よりも本物の方がより「紙」っぽいです。目が疲れないから、他のタブレット端末より長時間使えるなって印象。環境に合わせて画面の明るさ調整も可能。

kindle-paperwhite-nasciii09

一度電源ボタンを押すと、スタンバイモードに。その度に違う壁紙が現れるのが新鮮です。e-inkなので充電が減る心配もなし。

kindle-paperwhite-nasciii10

基本的にUSB経由で充電することになります。もちろん電源ユニットがあれば、コンセントからの充電も可能。iPhoneユーザーならその点安心です。

以上、フォトレビューでした。さてと、外出用にケースも買おうかな。

Kindle Paperwhiteは、僕のようにこれから本を読もうと意気込んでいる人元々読書好きだぜ!って人に一押しの端末だなーと思いますよ。

個人的にVoyageは期待以下(性能は高いが、価格も高い)だったので、しばらくはKindle Paperwhite一択!

次の新型発表はまだまだ先。買うなら「今」が丁度いいタイミングですよ。

 

ひとこと
Ino(@nasciii_com)のレビューでした。
 価格、性能ともに大満足。ディスプレイの触り心地がたまらないので、就寝前にベッドでにやにやしながら読んでいます。
s_nas