インターネットで回答する「スマート国勢調査」のやり方

kokuzei-chousa

国勢調査」がやってきた。国勢調査は5年にいちど、日本国内に住むすべての人、世帯を対象に行われる大規模アンケート。

今回、平成27年国勢調査からは新しい試みとしてインターネットで回答できる「スマート国勢調査」が始まった

このページではパソコン、スマホ、タブレット端末から回答できるようになった「スマート国勢調査」のやり方について手順を追って説明していく。

目的。国内の実態を明らかにする

kokuzeichosa01

国勢調査の目的は「国内の人口や世帯の実態を明らかにする」こと。

調査期日の平成27年10月1日を起点に、日本国内にふだん住んでいるすべての人(外国人を含む)及び世帯が対象になっている。
要するに人種に関わらず日本在住であれば国勢調査の対象になるわけだ。

結果は福祉施策や生活環境整備、災害対策などの種々の施策の計画策定などに利用される。
わかりやすいもので言えば、社会科の教科書に出てきた人口ピラミッドの元データとなるのがこの国勢調査。

調査結果は追って総務省統計局のホームページ、都道府県立図書館などで閲覧可能となる。今回の調査の場合、平成28年10月までには年齢別人口、世帯の状況などの詳しい調査結果が公表される。

[adsense]

スマート国勢調査の手順

kokuzeichosa02

さぁ!国勢調査を始めよう。まずは「国勢調査オンライン」へアクセスする(目安の回答時間は単身10分、4人なら20分程度。注意事項として、現状スマート国勢調査は9人までの世帯が利用できる。10人以上の場合は、別途配布される紙の調査票での回答が必要)。

kokuzeichosa002

「回答する」をクリック。次に注意事項が表示されるので確認後「回答をはじめる」をクリック。

kokuzeichosa003

手元の平成27年国勢調査「インターネット回答の利用案内」封筒に「インターネット回答の利用者情報」に記載された調査対象者ID初期パスワードを入力し、ログイン。

kokuzeichosa004

「回答データの入力」から回答画面に移動する。ここまでくればあとは回答し、結果を送信するだけ。

せっかく入力した回答が消えてしまわないようにブラウザ上の戻る・更新ボタンなどは押さないようにしよう。

電話番号、住所等の入力まで終えたら回答を送信。データの保護のためパスワードの再設定を要求されるので忘れないパスワードを設定しよう。半角数字、及び9種の記号( # $ – = ? @ [ ] _ )が盛り込む必要があるぞ。

以上、 スマート国勢調査のやり方を説明しました。インターネットでの回答は2015年9月20日(日)までなので要注意です。

 

ひとこと
Ino(@nasciii_com)は思います。
 スマート国勢調査は明るいプロモーションなのでとっつき易いですね。例のごとくインターネットでぱぱっと出来るのでラクちん♫
s_nas