朝が弱くてもできたアフター5のための「朝5分」

習慣の力。出社前の5分間でアフター5を変える

ZOM83_marktingzombie20140503500-nasciii

統計の結果、僕の1ヶ月の35%は勤務時間だった。

あなたも薄々気付いているかもしれません。

人生における仕事が占める割合ってとてつもなく大きいです。

僕の場合、平均して仕事に35%睡眠に25%使っています。ごくごく一般的なサラリーマンですよ。普通に生活しているだけで残された時間は40%だけ。あまりにも少なすぎるよ。

もっと他のことに時間を使いたい!ならどうすればいいのか。僕が実践しているごく簡単な方法を紹介します。

これだけでアフター5がぐんと長く感じるはず。

朝起きて5分間掃除をするだけ

clean-nasciiiPhoto credit : cleaning via patrick

僕がすすめるのは、出社前の“5分間だけ”掃除をすること。ただそれだけなんだけど、僕はそれに大きな効果を感じている。

一介のサラリーマンの僕は朝7時15分に家を出て車で40分運転、仕事では最低8時間拘束されます。

家に帰るともうね、くたくた。一人暮らしなもんだから掃除をしてくれる人なんて誰もいません。そこら中に朝脱いだ服や朝食の食器が散らかっています。

[adsense]

しかも夕食の準備やお風呂などやらないといけないことは増えてくる。もう「朝のやり残し」を片付けるのが億劫で仕方ない。そう、会社に行くために早く起き、着替えて、朝食を食べますよね。だからこの一連の動作は本来 仕事に行くまでに完結させておくべき。完結というのは後片付けや掃除まで終わらせておくという意味です。

Man brushing his teeth.Photo credit : novastock5564 via Gerard Fritz

帰宅したときに部屋がきれいか、汚いか。実感はなくても全く心持ちは違います。帰ってからの「やるべきこと」を朝の段階で少しでも減らしておき、すっきりした気持ちでアフター5を始めましょう。

もしあなたが仕事嫌いだったとしても、会社には行かなければなりません。でも朝掃除をすれば、「少しの達成感」を感じれるはずです。また夜だと後回しにしてしまいがちな掃除も、朝だとタイムリミットがあるので猛スピードでとりかかれるはずです。

試しに1週間、朝の5分間を掃除・片付けに使ってみて下さい。1時間早く起きようとしてもキツいけれど5分ならなんとか頑張れるはず。疲れて帰ってきたとき、綺麗な部屋だとやる気のバロメーターが全く違いますよ。

 

 

ひとこと
Ino(@nasciii_com)のひと口感想文。
 働いているだけですぐに時間が過ぎる、歳をとる。人生って子供の頃思っていたよりずっと短いですね。
s_nas