買う前の徹底比較!iPhone6/iPhone6 Plusとの今後2年間を後悔しない選び方

大きく進化した「iPhone6」スペック比較検証

iphone6-top-nasciii

(via Apple

9月10日、ついに発表された「iPhone6」はい、僕買います。

あ、たしか今回のiPhoneは“大きい”のもあるらしいじゃない?

そう、4.7インチのiPhone6に加えてお札並みの大きさ5.5インチiPhone6 Plusが発売されます。

選択肢が増えると自然と浮かび上がる「結局どれがいいの?」という疑問。

それに答えるべく、既存のiPhoneシリーズ(iPhone5、iPhone5S)と新型iPhone6、iPhone6 Plusのスペックを比較してみました。

 「iPhone6」は最も大きく、最も薄いiPhone

iphone6-side

iPhone5を初めて手に取ったとき、「薄くなりすぎだろう!」と驚いたのを覚えています。あれからもう2年かぁ。

なんと新型iPhone6は更に0.7mm薄くなりました。最薄はiPhone6の6.9mm。iPhone6 Plusでは若干厚く、7.1mmになります。その他、ディスプレイが大きい“Plus”は重量ありでやや難、しかし圧倒的なバッテリー容量と高解像度ディスプレイにはそそられます。

買う上で決め手になるのが個々のスペック。表でiPhone5,iPhone5S,iPhone6,iPhone6 Plusの4機種を比較したので使ってやってください。

 

iPhone5/iPhone5S/iPhone6/iPhone6 Plus比較表

モデル
iPhone5
iPhone5S
iPhone6
iPhone6 Plus
本体寸法(高さx幅x厚み)123.8mm×58.6mm×7.6mm123.8mm×58.6mm×7.6mm138.1mm×67.0mm×6.9mm158.1mm×77.8mm×7.1mm
画面サイズ4.0インチ、
1,136✕64ドット
4.0インチ、
1,136✕64ドット
4.7inch、
1,334 x 750ドット
5.5inch、
1,920 x 1,080
解像度326ppi326ppi326ppi401ppi
チップA6チップA7チップA8チップA8チップ
カラーブラック&スレート、ホワイト&シルバーシルバー、ゴールド、スペースグレイシルバー、ゴールド、スペースグレイシルバー、ゴールド、スペースグレイ
Touch ID指紋認証センサー指紋認証センサー指紋認証センサー
センサー気圧計気圧計
Wi-Fi 通信規格802.11a/b/g/n802.11a/b/g/n802.11a/b/g/n/ac802.11a/b/g/n/ac
バッテリー容量1,434mAh1,560mAh1,810mAh2,915mAh
連続通話時間3Gで最大8時間3Gで最大10時間3Gで最大14時間3Gで最大24時間
連続待受時間最大9日間(225時間)最大10日間(250時間)最大10日間(250時間)最大16日間(384時間)
ネット利用時間3G:最大8時間、LTE:最大10時間、Wi-Fi:最大10時間3G:最大8時間、4G LTE:最大10時間、Wi-Fi:最大10時間3G:最大10時間、4G LTE:最大10時間、Wi-Fi:最大11時間3G:最大12時間、4G LTE:最大12時間、Wi-Fi:最大12時間
ビデオ再生時間最大10時間最大10時間最大11時間最大14時間
音楽再生時間最大40時間最大40時間最大50時間最大80時間
重量112g112g129g172g
コネクタLightningLightningLightningLightning

左(iPhone5)から右(iPhone6 Plus)にかけて新機種になってます。ポイントはiPhone6 Plusのみ解像度が高いこと、iPhone6からA8チップになったことでA7時代から13%小型化、25%高速化、グラフィック50%性能アップ、エネルギー消費50%カットが実現したこと。

またWi-Fi 通信規格に「802.11ac」が加わったので速度アップに期待。デメリットとして重量がやや増加しましたが、画面が大きくなっているので許容範囲内です。

 

iPhone5から変わらないこと

iphone5to10-growup-nasciii

縦に伸び続けるiPhone。変わらないところもあります。

まず、カメラは8メガピクセル、ビデオは1,080pでiPhone5から変更ありません。

iPhone6には新しく手ぶれ補正、スローモーションビデオ撮影の強化がされていますが、まぁ一般的な使い方では関係ないかな。 日常的に動画撮影して、YouTubeにアップしている人なら試してみる価値有り。

また最大輝度(画面の明るさ)も500cd/m2で変更なし。常に最大輝度で使用している人は少ないので、重要視する項目ではないです。

他にも従来通り前面には耐指紋性撥油コーティングがされていますが、ある程度指紋が付いてしまうのは仕方ないかと。どうしても気になるなら、本体購入と同時に指紋防止タイプの保護フィルムを購入すること!

 

どのモデルにする?選びどころ

iphone6-spec-nasciii

5.5インチだと片手で操作し辛い、指が届かないのでは?という意見も出ています。まずは実機を触ってみて、自分の手にあったiPhoneを選ぶのが無難。発売初日に自分の物にしたい!という気持ちはありますが、焦らずよく考えましょう。

 

本体価格は?こうなります

  • iPhone6
    ・16GB:67,800円(税込:73,224円)
    ・64GB:79,800円(税込:86,184円)
    ・128GB:89,800円(税込:96,984円)
  • iPhone6 Plus
    ・16GB:79,800円(税込:86,184円)
    ・64GB:89,800円(税込:96,984円)
    128GB:99,800円(税込:107,784円)

気になる価格はキャリアと契約しないSIMフリーで上記金額。あくまでも本体の価格。実際にはdocomo、au、ソフトバンクが発表するプランによって上下する可能性ありです。大体の目安にはなるかと。

 

9/12予約開始、9/19発売!

あと気になるのは発売日。ドコモ、au、ソフトバンクの3社は2014年9月12日から予約受付、9月19日発売開始としています。毎回、各社料金プランの発表はギリギリになりますが、しっかり見極めてキャリア、プランの検討をしていきましょう。

 

ひとこと
Ino(@nasciii_com)のひと口感想文。
 5.5インチのバッテリーは捨てきれない要素。
社会人になると発売日購入も難しいなぁ。学校帰りにiPhone並びに行ったのが懐かしい。
s_nas