これで失敗しない!ひとりでも愉しめるオススメ映画10本

4860915122_26c4bd9c6a_zPhoto credit : filmnight|selfportrait via Adam Foster

土日の映画鑑賞はたまった疲れを癒してくれます。こんばんは、いの(@nasciii_com)です。

今年は「たくさん映画をみよう」と決断してから2ヶ月で10作品を鑑賞しました。映画の背比べしてみます。

おもわず息をのむ映画に出会った

2014年〜2015年に公開された洋画を中心にまとめました。

下にいくにつれてオススメ度が上がります。

なにか面白い映画がないかなーと探している人はこれを参考にレンタルや購入をしてみてください。

[adsense]

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー ★☆☆☆☆

スパイダーマンやアイアンマン、キャプテンアメリカなどで知られるマーベルコミックスの同名の漫画が原作。
アメコミの割にアクション性に乏しい教科書的なストーリーが残念。 主人公のキャラは弱いが、グルート(樹木の身体を持つヒューマノイド)は愛嬌があっておもしろい。

 

トランセンデンス ★★☆☆☆

ジョニー・デップ演じる一流科学者のウィルは突如床に伏す。もう長くは生きれないと悟ったウィルだが、妻のエヴリンが彼の意志をネットにアップロードする ことで人工知能として生きながらえることに成功した。しかし情報の中に生きるようになってウィルは変わってしまった。もし、自分の大切な人がウィルならエ ヴリンなら…と想像しながら観ると2倍楽しめる。

 

猿の惑星:新世紀(ライジング) ★★☆☆☆

SFアクションの超大作であることは間違いない。
「猿の惑星: 創世記」の続編で、20世紀の「猿の惑星」シリーズの大群の猿を思わせる新種の猿の大群が登場する。

 

オール・ユー・ニード・イズ・キル ★★☆☆☆

桜坂洋の原作小説がトム・クルーズ主演で映画化。小畑健によるコミカライズも話題になった。大方ストーリーが分かった状態で観たのだけれどトム・クルーズの演技はやっぱりスゴい。素直におもしろかった。

 

エクスペンダブルズ ★★★☆☆

友人に「エクスペンダブルズ」を知らないとか正気か…と言われたので第1作目を鑑賞することに。映画の入り、テンポ良い展開、爽快の戦闘シーンどれをとっても一級品。

シルヴェスター・スタローンの甘いマスクと隆々の筋肉にはマジで惚れる。

 

寄生獣 ★★★☆☆

漫画好きなら一度は通る道「寄生獣」。映画化に伴い非難もちらほら見かけるが僕は案外楽しめた。
ミギーの声役の阿部サダヲが残酷な物語の中で時折笑いを誘うのも個人的には好き。「ALWAYS 三丁目の夕日」や「永遠の0」で知られる山崎貴監督の作品だ。

 

X-MEN:フューチャー&パスト ★★★★☆

何作目だよ!X-MENとしては7作目らしい。
本作ではミュータントが持つ特殊能力をものともしない最強のロボット「センチネル」が敵。

前作を知っていてこその高評価なので好みは分かれるかも。シリーズの入門には「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」の方がオススメ。

 

ルーシー ★★★★☆

lucy-

僕はリュック・ベッソン監督が大好きだ。だから「LUCY」を紹介せずにはいられない。
数字の根拠はないが人間の脳は常時10%しか機能していないと言われている。もし100%まで覚醒したらどうなるのか?主人公のルーシーは体内への薬の混入によってそのまさかを体現する。

あまりにも非現実的な展開が残念だけど画の撮り方とモーガン・フリーマンが好きすぎて困る。

 

アメリ ★★★★★

Amelie 016-

古い映画ですが入れさせてください。

ジャケットはずいぶん前から見たことがあったけどなぜか観たことがなかったアメリ。

幼少期ひとりで遊ぶことが多かったアメリ・プーランは他の子とはちょっと変わった空想好きの女の子。周りの人を見ては変わった妄想を膨らませ、何十年も前の宝箱を見つけてはふらふらと持ち主を捜す旅にでる。

変な子好きな僕は気に入ってしまいました。

 

 

インターステラー ★★★★★

inter

クリストファー・ノーラン監督による、2014年末に公開された比較的新しいSF映画。

近未来。地球は荒廃し、食糧飢饉に陥っていた。元パイロットのクーパーはふたりの子供を地球に置き去りに、第2の地球を探すために宇宙へ向かう。

全ての事象は「重力」に起因している。時間も例外ではないため、クーパーがわずか1時間降り立ったとしても地球では数十年が経過している。

クーパーは娘との「必ず帰ってくる」という約束を守れるのか。

SFチックだけどもしかしたら宇宙ならあり得るのかもしれないと思わせられるよくできた映画でした。

ひとこと
Ino(@nasciii_com)は思います。
 土日の映画鑑賞がブームです。DVD・BDは特典映像もあっていいね。
s_nas