プレゼンLv.100になるための裏技的「無駄」の倒し方

 

今まさにプレゼンをしようとしている人へ伝えます。

プレゼンテーションにおいて、オーディエンスにこちらの真意を分かってもらうには、よりシンプルな伝え方でなければなりません。しかし削り過ぎてもいけません。先日僕もプレゼンテーションをする機会があったので、それも踏まえた発表で気をつけるべき点についてお話しします。

プレゼンの予定があるんだけど「どんな発表資料を作ればいいんだろう、どう話せばいいんだろう」と悩んでいる方はブックマークをどうぞ。

orbis nikibi care-smart
[特集]クリアボディローション

伝わるプレゼンは何が違うのか。

図形の「枠線」は消す

一番にやってほしい、簡単に見栄えを改善する方法がこれ、「図形の枠線を消す」ということ。
発表って文字ばかりだと見ている方も疲れます。そこで発表者がよく使うのが矢印、四角、丸などの図形ですよね。
これらの図形を挿入したときに、ユーザーは自由に「図形の塗りつぶし色」や「図形の枠線色」を設定することが可能ですが、ここではあえて2色とも同じ(または枠線なし)にしましょう。こうすることで見やすくなります。図形の枠線って悪い意味で目につくんです。

×見辛いスライドの例
pre1-nasciiiまずこちらは駄目なスライドです。ぱっと見でわかるのが、黄緑色と背景の白の組み合わせが気持ち悪いこと。黄緑色もしかり、黄色の系統は白い背景に映えないので使わない方がいい。また橙色や青色など数色使う意味もなし。
○見やすいスライドの例
pre2-nasciii最初のスライドの悪い点を直すとこのようになります。矢印などは枠線のみにしてあげると野暮ったさがなくなってすっきり。

この画像からわかるように各項ごとにテーマとなる色(ここでは緑色)を決めてあげると統一感が出ますよ!発表を聞く観衆も、次の項に移ったことを「色」から感覚的に判断できるのでオススメ。

 

アニメーションは最低限にしよう

パワーポイントにはアニメーション等、発表を聞く人に「魅せる」機能が充実していますが、厳選が必要。
余分な機能を使いすぎてしまうと、逆に分かり辛く映ってしまいます。

アニメーションの選択
pre4-nasciiiパワーポイントと言えばアニメーションだろう とイメージされる方もいるかもしれませんね。
スライドに動きを加えるアニメーション、使い方によってはプレゼンを数倍分かりやすくできるツールです。しかし、とにかく使えばいいわけではない。僕は極端に言えばアニメーションは「フェード」1つあれば良いと考えています。(その場でぼわっと表示させるやつです。)

例外として、細かい部品でできた機械の構造をひとつひとつ初心者に説明する等といった場合、個々の部品ごとにアニメーションを加えて、分解から組立までを表現するのはあり。

 

定量的に、理論的に表す

どういった発表をするかは人それぞれですが、「数字」で表現してあげることで、プレゼンはぐっと分かりやすく説得力を持ちます。例えば何かのプロジェクトを立案したとして、それにかかる費用を算出してスライドに提示する、比較対象があればそれとの費用の差を比べるなど。比較には表を使ってあげるとなお見やすくなりますよ。

定量的に表現することで、感覚的にでも観衆を納得させるプレゼンをできればひとまずあなたの勝ちでしょう。オーディエンスを「へぇーなるほどね」と思わせるには物事を定量的に、理論的に表現したスライドが不可欠です。

 

視覚に訴えかけるには図、表、グラフを

観衆が見たこともないものを説明するとき、図や表、グラフを使ってあげよう。このとき気を付けることは文字サイズ。要素が多くなると文字も小さくなりがちです。スライドを一度紙に印刷してみて、見え辛くないか確認するといいですよ。おすすめは印刷設定でA4用紙1枚にスライド6枚分を印刷して見え方を確認すること。この状態で十分見えれば、プロジェクターで投影しても見えると判断していいでしょう。

 

罫線がないからこそ文字を揃える

スライドは白紙に書くのが一般的。テキストボックスを配置して文字を入力しますが、書いたあとに文字が他の行とずれていないか確認しよう。要するにこういうことです。

○間隔を揃えて見やすくする
pre3-nasciii

 

本番前まえにできること。

本番前日、声に出して練習しよう

プレゼンの準備ができ、発表を明日に控えたとき何をすればいいのか。資料が完成した段階で、プレゼンの内容はある程度インプットされているもの。イメージトレーニングも大事ですが、ここまでくれば声に出して練習するのが一番!頭の中で考えているだけでは、うまく喋れないものです。パワーポイントに付いている「リハーサル」機能を使えば、手元にタイマーがなくとも発表時間を測定できるので是非。繰り返すことで自信になり、本番での緊張が和らぎます。

 

プレゼン開始直前、腕時計で時間を確認しよう

プレゼン・発表の本番30秒前にできることがあります。大体のプレゼンでは「発表時間」が決められており、その制限時間の前後30秒の間に話し終えるのがベストかと思います。僕が本番の直前にやっているのは腕時計での時間の確認です。初めにちらっと時間を見ておいて、プレゼン途中で時間管理をするというわけ。簡単なことですが意識していないと緊張して時計を見るのを忘れがちです。

以上、プレゼンの機会があれば参考にして下さい。用意する資料はシンプルイズベストに、口頭では的確な説明が必要になります。繰り返しプレゼンを経験し、場に慣れることが大事です。

 

ひとこと
Ino(@nasciii_com)は思いました。
 昔は模造紙を使っていたようですが、今は何でもパワーポイントを使う時代ですね。表現力を求められるから大変です。みんなプレゼン頑張ろうぜ。
s_nas
いのって誰?ナスキーって何なの?

 -ライフスタイル, , ,



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

2014-design

5つの生きかたとぼくのデザイナーズ2015年

なんでも最初に目標を決めるのは大事です。僕の2015年はこうします。キミは?

kyoto-maruta-torinoki

京都じゃ珍しい朝カフェができる隠れ家「鳥の木珈琲」へ。

朝8時からやってます「鳥の木珈琲」。丸太町駅から徒歩6分の山中町。モーニングコーヒーはいかがですか。

ZOM83_marktingzombie20140503500-nasciii

朝が弱くてもできたアフター5のための「朝5分」

僕の1ヶ月を記録した結果、その35%は勤務時間だった。人生における仕事が占める割合はとてつもなく大きい。だからこそアフター5は有効に使いたい。僕が実践しているごく簡単な方法を紹介。

cabana top-

大阪の格安カプセルホテル「カバーナ」が織り成すカジュアル空間。大浴場、ジム付き3,000円〜

アクセス抜群、素泊まり3,000円〜と格安且つフィットネス設備や食事処、リラックスルーム、マッサージなど充実の設備・サービスを備えるカプセルホテル「CABANA(カバーナ)」を体験してきた!全力で「ここがスゴい」をお伝えする。

influenza

【2015年】インフルエンザ予備軍が実行すべき感染防止策

上司に伝えたい朝礼で使えるインフルエンザの話。インフルエンザ流行の理由と感染予防策。周りへの咳エチケットをお忘れなく。

daiichi-asahi-kyoto-ramen3

澄んだ醤油と中大貫。地元京都人集う老舗ラーメン「本家 第一旭 たかばし本店」

「中大貫」を知っている?京都府の地元民がおすすめする本当に美味いラーメンを食べてきました。

4860915122_26c4bd9c6a_z

これで失敗しない!ひとりでも愉しめるオススメ映画10本

2014〜2015年の映画を中心に10本の映画をひとことコメントで紹介。

bonus

予算化しよう。「2014年冬のボーナス」の用途を数字にしてみた

一足先に2014年冬のボーナスの使い道を予算化してみました。

kyuyamutei4

気分で選べる本格派カレー膳をレトロ空間でゆったり味わう「旧ヤム邸」

猫のたろうとレトロな雑貨や家具が魅力のカレー屋さん「旧ヤム邸」におじゃま。ランチでは2種類のカレーをいちどに召し上がって下さい。

protein04

これが水で美味いプロテイン「BSN Syntha-6 」に一目惚れ。

そろそろ陶芸を始めそうな勢いで老いつつあります(精神的に)、どうもいの(@nasciii_com)で





taiwanhitoritabitop
僕が歩いた台湾70枚、写真だけで魅力をお伝えします

2泊3日で台湾にひとり旅にいってきました。 愛用のキヤノンのコンデジG15(バッテリーの保ちが最高!

protein04
これが水で美味いプロテイン「BSN Syntha-6 」に一目惚れ。

そろそろ陶芸を始めそうな勢いで老いつつあります(精神的に)、どうもいの(@nasciii_com)で

taiwan-icatch
台湾が初ひとり旅におすすめと聞いたので、検証してきた<旅行計画編>

とにかく安く台湾に行ける!のか。近年広告に力を入れているバックパッカー御用達のエクスペディアを使って行ってみることにしました。

umobile-kannna
月額3,000円のMVNO歴4ヶ月、良い点・悪い点が見えたのだ(U-mobile)

「安さ」が売りのMVNO 使い勝手ってどうなの? iPhone 6ユーザーの僕がソフトバンクからU-

of life
「鍬(くわ)を入れろ、変化を愉しめ」

おっさんだ。歳をとるスピードの加速が止まらない。

  • トレンドカラー特集