【旅カフェ】心斎橋の隠れ家「ダンケ」でじっくり水だしアイスコーヒーはいかが?

 

danke-nasciii-top

大阪の大人カフェを開拓してきました。

心斎橋に店を構える「ダンケ(BUTTER BLEND COFFEE DANKE)」です。ここは心底おすすめ!

ダンケは「美味しいコーヒー」、「深夜営業」、「おしゃれな店内」すべて兼ね備えた、隠れ家的な珈琲店でした。夜12時を過ぎて入店した僕を暖かく迎えてくれました。

 

木造カフェ「ダンケ」。樹齢200年のカウンター席。

心斎橋の小さな雑居ビルの2階にあります

danke-shinsaibashi-nasciii03

お店の雰囲気は落ち着いていて、かといって無音でもないのでとても居心地が良い。1人でも多人数でも入りやすいぞ、これは。僕は2人掛けの禁煙席に案内してもらいました。

 

danke-shinsaibashi-nasciii02

1階道沿いにある看板が目印。メニューは珈琲、紅茶、クッキー、ケーキ、サンドウィッチなど、かなりのこだわりが感じられます。ちなみに営業時間は基本的に月曜~土曜:11:30~翌2:00、日曜日:11:30~24:00になってます。

 

お好きなカップでお飲み下さい

danke-shinsaibashi-nasciii07入り口からテーブルまで「木」が使われていて、とてもリラックスできる空間。

なんとカウンターは樹齢200年の1枚ものなんだとか。ここに座ると幸運になりそうです。カウンターには50種類以上のカップとお皿が並べられていました。店員さんにお願いすれば好きなデザインのカップに紅茶を入れてもらえます。こういったサービスは嬉しいですね。

 

danke-shinsaibashi-nasciii09ストローやペーパーナプキンなどには「DANKE」の文字が。細部までオリジナリティがあって良いね。さり気ない「心斎橋」というワードにテンションアップ。

 

「13時間」かけて生まれたアイスコーヒー

danke-shinsaibashi-nasciii13僕がいただいたのは、こちらの「水だしアイスコーヒー」

水だけで13時間もかけてじっくり抽出しているそうです。抽出時に少量の糖分を加えてねかせてコクのある苦味を引き立て、まろやかな甘い味をプラスしているのだとか。ダンケ一押しの珈琲。注文時に「少し砂糖が入っていますが宜しいですか?」と声をかけてくれました。店員さんの気遣いが嬉しい。

 

danke-shinsaibashi-nasciii15

danke-shinsaibashi-nasciii12

この水だしアイスコーヒー、氷まで珈琲でできてました。溶けても味が落ちない工夫です。シロップとミルクは、珈琲が出てくる前に持って来てくださりました。左がミルク、右がシロップです。入れても美味しかった。

飲んでみると「微糖」、確かに若干甘いですね。苦いブラックが大好きな人には向かないかもしれませんが、お子様の僕には丁度いい。というか飲みやすくてすごく美味しい!ダンケ、「大当り」です。

 

「ダンケ」の珈琲に一番合うケーキがあります。

ふわふわシフォンケーキを珈琲と一緒に

danke-shinsaibashi-nasciii08

一緒にお店自慢の「シフォンケーキ」もいただきました。

時間をかけてふんわりと焼き上げているそうで、フォークが簡単に通ります。もうふわっふわ。まず、実物を見て驚きました、おもしろい形。そんでもって味も抜群。チョコレートシフォンに生クリームがたっぷりデコレートされていて、甘過ぎず軽い口当たりなので食べやすい。

 

「ダンケ」はお土産だって買えます。

正直僕、かなりこのカフェ気に入りました。まじです。食事の後、お土産を2点買ったのでそれについても紹介します。

フーのクッキー

danke-omiiyage1-nasciii

ダンケでは、芦屋にある人気お菓子工房「フー(Feu)」のクッキーが買えるんです。

「フー(Feu)」?僕も知りませんでした。調べてふんふん、有名なお店なのね、で味はどうなのと。不安と期待がありましたが、家に帰って食べてみると本当に美味い!さくさくっ!これお土産でもらうと間違いなく嬉しいわ!

僕が食べたのはきなこ味ですが、若干塩も入れてるようで甘さが際立ってなお良し!これは200%おすすめしたい一品。店内でも食べれば良かったと激しく後悔しておりまする。(フーは6月末以降3ヶ月の夏期休業に入るんだとか。ダンケでは7月末まで買えるみたいです。行くなら今!)

 

ダンケの珈琲を自宅でも

danke-omiiyage2-nasciii

ダンケのコーヒー豆を購入することだってできます。友人へのお土産に100g買って帰りました。何気にパッケージされてて嬉しい。これならそのままプレゼントできそうです。

 

おまけ

danke-shinsaibashi-nasciii16余談ですが、テーブルに置かれている砂糖がめっちゃ美味しくて笑いました!立ち寄る機会があれば是非、お飲物に入れてみて下さい。

 

  • 関連リンク
    ・ ダンケホームページ
    http://dankeshinsaibashi.web.fc2.com/

 

ひとこと

danke-shinsaibashi-nasciii01

Ino(@nasciii_com)のひと口感想文。
 気の向くまま大阪心斎橋までやってきました。着いたらもう夜で自分が何をしたいのかわからない!でも路頭に迷っていたところで良い出会いがありました。「ダンケ」1人でも入りやすく、美味しい珈琲でした。絶対、また行きたいなぁ。
s_nas
いのって誰?ナスキーって何なの?

 -カフェ, , , ,



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

Eggs 'n Things-nasciii

ハワイ発祥「エッグスンシングス 心斎橋店」あえてアサイーボウル食べてみた【旅カフェ】

アサイーボウルが美味い「Eggs ‘n Things」!店員さんが「アロハー!」と迎えてくれるハワイ発のカジュアルレストランです。

lepremiercafe-nasciii-top

【旅カフェ】心斎橋ダンディカフェ「Le premier Cafe」で味わうスマトラ・マンデリン

大阪は心斎橋で珈琲とトーストをいただいてきました。ふらり立ち寄ったのは「Le premier Caf

mizube-no-cafe-okayama-kurashiki-nasciii

倉敷美観地区よりおすすめ、ランチは「水辺のカフェ」で穏やかな時間を。【旅カフェ】

ゆるやかな空間で自然を感じながらランチタイム。「水辺のカフェ」岡山県倉敷市で出会ったとっても静かなカフェを紹介します。

maimai-nasciii06

【旅カフェ】岡山の朝は「cafe the market mai mai」のベーグルと野菜ジュースがおすすめ

岡山で休日のモーニングにおすすめできる“おしゃれカフェ”を見つけてきました。 今回僕が訪れたのは「c

cante grande-osaka00-nasciii

地下に日が射すエスニックカフェでゆったり。|カンテ グランデ 中津本店

隠れ家のようなエスニックカフェ「カンテ グランデ」。1972年開店の老舗は大阪にチャイを広めました。

kyoto-maruta-torinoki

京都じゃ珍しい朝カフェができる隠れ家「鳥の木珈琲」へ。

朝8時からやってます「鳥の木珈琲」。丸太町駅から徒歩6分の山中町。モーニングコーヒーはいかがですか。

gram-shinsaibashi-nasciii

ふわとろメレンゲの「プレミアムパンケーキ」がたまらん!|gram 心斎橋【旅カフェ】

2014年に開店した大阪府心斎橋のパンケーキカフェ「gram」。パンケーキ好きなら食べておきたい、数量限定のふわふわプレミアムパンケーキを紹介します。

page-one-kyoto01

ゾエトロープを想う祇園河原町のかき氷|page one

京都の祇園にとけ込むくつろぎ空間「page one」。宇治金時が絶品の静かに一息つけるかき氷専門店です。

snoopy_

湯布院にそっと佇む「スヌーピー茶屋」食べ歩きにちょうどいい

甘味が欲しくなったら足を運んでほしい世界初!スヌーピーの和カフェ「スヌーピー茶屋」に行ってきた。





employ 4years
サラリーマン5年目のわたくしが「お仕事」から学んだこと

春ですね。僕は今年度から社会人5年目の節目。ここで一息、これまでのサラリーマン生活を振り返ってみまし

taiwanhitoritabitop
僕が歩いた台湾70枚、写真だけで魅力をお伝えします

2泊3日で台湾にひとり旅にいってきました。 愛用のキヤノンのコンデジG15(バッテリーの保ちが最高!

protein04
これが水で美味いプロテイン「BSN Syntha-6 」に一目惚れ。

そろそろ陶芸を始めそうな勢いで老いつつあります(精神的に)、どうもいの(@nasciii_com)で

taiwan-icatch
台湾が初ひとり旅におすすめと聞いたので、検証してきた<旅行計画編>

とにかく安く台湾に行ける!のか。近年広告に力を入れているバックパッカー御用達のエクスペディアを使って行ってみることにしました。

umobile-kannna
月額3,000円のMVNO歴4ヶ月、良い点・悪い点が見えたのだ(U-mobile)

「安さ」が売りのMVNO 使い勝手ってどうなの? iPhone 6ユーザーの僕がソフトバンクからU-

  • トレンドカラー特集