在庫切れ間近!格安でスノボー初心者がおしゃれな道具を揃える方法

どうすれば安く揃えられるのか。

snowboard getPhoto credit : Snowboard2 via Felix Meyer

おしゃれしたい!ウインタースポーツだもの。

こんにちは、まだスノボー3回目の初心者 いの(@nasciii_com)です。なんとこの冬、スノボー用品一式揃えちゃいました!

でもスノボーの道具ってめちゃくちゃ高いんですよね。欲望のまま揃えたら一式20万円はくだらない。

僕は個人の専門店から大型スポーツショップまで歩きつくした結果、ネットで揃えました。(笑)半分以下の値段で。

結局、ネットが安い。とくに楽天。

だって安い上に好きなだけ悩めるんですもん。ここでは僕の候補にあがったもの、これ良いなと思ったものを一部ピックアップ。

 ウェア上(ジャケット)

class-jacket-1

sc-coach-jacket-1

15400295

20140922_518385

j55-p33_02

scc_img_3

ウェア(ジャケット)のサイズは基本的に普段着と同じで問題ないが、海外メーカーの場合は大きめに作られているので注意しよう。

好みに合わせてワンサイズ大きめでだぼっと着てもよし、ぴったりサイズでもよし。

ウェアにパスケースが付いていないものは、別途リフト券用のケースを買っておくとはかどる!

[adsense]

ウェア下(パンツ)

stingray-pants-1

snowpant-1

smoker-pants-1

僕のおすすめはジャケットにはお金をかけて、パンツは1万円以下で安く済ませる方法。

上半身でインパクトを与えてしまえば下半身にそこまで気を配る必要はない。全身が派手というのも考えものです。

どこまでネットで買えばいいのか。

385599499_0a33c46889_zPhoto credit : Snowboard via Feliciano Guimarães

ここではウェアを載せましたが、スノーボードにはまだ必要な道具があります。

滑るために必須のスノーボード(ボード、板)やブーツ、ビンディング。防護・防寒用のゴーグル、グローブ(手袋)、ニット帽など。

ではどこまでネットで買えばいいのか。

僕はブーツとビンディングはお近くのスノボーショップでの購入をおすすめします。他はネットで問題ないです。とくにブーツはお店で履いてみて、しっくりくるものを選びましょう(もちろんある程度目星をつけてからネット注文するのも可)。

ino-snowboard

シーズン真っ最中なので購入は急げ。さぁ滑りにいこうぜ!

ひとこと
Ino(@nasciii_com)は思います。
 僕は板を定価の50%OFF、ウェアを2万円安くゲット。思いきって買ったもののやっぱり自分で選んだものは滑り心地が違います!楽天さんありがとう。
s_nas