おしゃれな収納に。紙製ダンボール「LogiStox」をオススメします

box-nasciii

収納ボックスを探していました。思ってたんです、物をしまうだけなのに収納ボックスって高くないですか?そこで僕が目を付けたのが安価で耐久性、デザイン性のある“紙製”ボックス

雑貨屋さんでは高くて手が出なかったんですが、ネットだとおしゃれな紙製の収納ボックスを安価にゲットできました。楽天だと22%OFF!読者の皆さんにもおすすめします。

ダンボールなら使わなくなったら折り畳んでしまえるので邪魔にならない。フタは付いてるし、軽いんです。重ね置きもできて使い勝手見た目共に抜群。「LogiStox」はどこにでもあるダンボールの地味さを払拭した役に立つアイテムになってます。

 

「LogiStox」はVillageBoxのオリジナルデザインです。

開封!6個セットがお得に買えました

logistox-nasciii01今回買ったのは、「LogiStox」というA4雑誌/書類サイズに対応した紙製ボックス。テープ不要で、手だけで1箱5分もかからず組み立てることができます。組み立て方については追って説明します。

 

全5種類のおしゃれなデザイン + 1枚おまけ(サボテン)

logistox-nasciii02届いた箱を開けると出てきました!バリエーションは左上から青、赤、茶、ストライプ、サボテンの5種類。どれも個性があっておしゃれ!今回は楽天でおまけ付きで販売されていました。僕はおまけにサボテンを選択。

 

logistox-nasciii05

今回はおまけで貰ったかわいいサボテン柄を例に、組み立ての流れを説明します。質感は良質な段ボールって感じです。絵柄は近くに寄って見ても綺麗にプリントされてました。

 

「LogiStox」は折るだけで箱になる。

パーツは箱本体・フタの2つのみ

logistox-nasciii07折り畳まれた本体パーツの中には、フタ用のパーツが入っています。本体パーツ(写真右上)には組み立て方が図解。これ見ながら作るといいよ。

 

まずは本体の組立をします

logistox-nasciii08

箱部分の組立は普通の段ボールと同じ要領。折り畳んであるのを開いて立体的に。

 

logistox-nasciii09

強度を上げるために箱のサイドは2重構造にします。まず写真のように短い辺から箱の中へ折り込みます。

 

logistox-nasciii10

同様に一辺が長い方も内側へ折ってあげます。なつかしいね、山折り。

 

logistox-nasciii11

収納部分はこれで出来上がり!このままだと上に積めない上に埃が入るかも、てなわけでフタを作りましょう。

 

あとはフタを組み立てるだけ

logistox-nasciii12

フタ部分を作っていきます。もとになるのは1枚のダンボール。これも本体パーツに書かれた手順通りに折っていきます。

 

logistox-nasciii13

あらかじめ折りやすくなっているので間違えずにさっさっと進めます。折り紙の要領で、まず必要なところを折ってあげておくことで後が楽になります。

 

logistox-nasciii14

このように折り曲げて、穴に引っ掛けてあげます。ぴったりサイズ。角の4カ所を同じようにして折り曲げ引っ掛けます。

 

logistox-nasciii16

引っ掛けた上から被せるような形で折り曲げる。ここでも先ほどの穴に引っ掛けます。なるほどよく作られてます。

 

logistox-nasciii17横から見るとこのようになります。これでフタも出来上がり!簡単すぎる。

 

本体と箱を合体!

logistox-nasciii18 あとはこのように箱本体にフタをして完成!フタのサイズは若干余裕をもって作られているので窮屈さはありませんでした。サボテンかわいいなー。

 

「LogiStox」は工作気分だね。

並べるとこうなります

logistox-nasciii21

30分くらいでしょうか、6個全部組み立て終わりました。ストライプもいい味出してますね。これだけ種類があるので揃えるとおしゃれに見えます。

logistox-nasciii19

まっすぐ並べるとこうなります。おしゃれでインテリアのようでもある収納ボックス。うん、これは買ってよかった。

 

ひとこと
Ino(@nasciii_com)は思いました。
 安くていい買い物しました。デザインも好き。
ワンタッチ組み立て、畳んですぐ片付けできるのがいいね。
s_nas

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です