あなたが通行人なら?バッテリーが上がって立ち尽くす僕

自動車のバッテリーが上がった話

car-phonto-nasciii

これはある日の僕の体験談。

エンジン停止からレッカー車が助けてくれるまでの40分間。道行く人の対応ってほんと多様、色んな人間がいます。レアな体験だったのでここに残しておきます。

面白くない記事です。無視していいよ。

車が急に動かなくなりました

enjine-nasciii

それではまず時系列で。休日の夜、僕が車のエンジンをかけて家を出発して3分後、急にエンジンが止ったんです。

唐突でした。車が全く動かずハザードランプもつかない。何度試してもエンジンがかからない。

このとき時刻は20時、9月といえど肌寒い時間帯。バッテリーが上がっていることが分かっても修理店はもう閉まっている。どうしよう。iPhone6予約しに行くとこだったのに…(笑)

しかも細道だったので通行車からは邪魔な位置。まずは車を移動させるのが最優先です。ひとまずはサポートセンターに連絡をとり、レッカー車を呼ぶことに決めます。

レッカー車40分待ち

PAK25_hikarimachinami500-nasciii

ここ話のメイン。レッカー車が到着するまでの40分間、道行く車を誘導していました。「すいません、車が故障してしまってレッカー待ちなんです。申し訳ないですが、僕の車を追い抜いて信号を渡ってもらえますか?」という具合にです。

自動車も通りますし、ランニングや散歩中のおばさまもいました。

動かない車の横で立った見ず知らずの僕を見て、みんなどう思ったのか。正に「人それぞれ」なんです。みなさん、こんな反応をされました。

気付く人と、気付かない人

MIMIYAKO85_umeraretadansei20140726500-nasciii

中年男性「えー!そうゆうこと?(呆れ顔)」

大型の箱バンに乗った1人の男性でした。事情を説明すると呆れ顔と不満の声。申し訳ないなーという気持ちが大きくなってしまいました。

散歩のおばさま「あら〜大丈夫?」

おお!声をかけてくれました。僕自身ちょっとびっくり。大変ね〜、いえいえ〜みたいな話をして終り。1分も話しませんでしたが、気持ちが温かくなりましたね。

カップル「あー、ああ。なるほど。」

カップルでした。幸せな時間を邪魔してごめんなさい。事情を説明するとわかってくれたようです。お幸せに!

ランニング中の女性「さーっ」

ランニング姿で走っていました。健康的で良いと思います。僕には気付いていない様子、さーっと走り去っていきました。

おっちゃん「おーどした?なんかあった?」

僕の車を避けて交差点に差し掛かったところで一時停止し、声をかけてくれました。不意打ちです。心配の声、嬉しいもんです。

やっぱり車間距離は大切

止まっている僕の車を見て「トラブルで動かないのかも」とすぐ気付いて、距離をとって停車する人。動かないことや僕が誘導しようとしているのに気付かず、ぎりぎりまで近付いてクラクションを何度も鳴らす人、様々です。

「気付き」って大事です。もちろん車を運転するなら車間距離を十分とること、これ忘れちゃいけません。

今回のトラブルは小さなものでしたが、困っているときに何気ないひと言でももらえると嬉しいものですね。「あの人、大丈夫かな?」と他者を思いやれるような人間に、僕もなりたいです。

 

ひとこと
Ino(@nasciii_com)のひと口感想文。
 誰が正しいかなんて僕が判断できることじゃないですが、人間って色々だね。
面白くない記事になったけど、読んでくれてありがとう。
s_nas